大伝説の勇者の伝説〈13〉 昼寝と団子と王様と (角川ファンタジア文庫)

大伝説の勇者の伝説〈13〉 昼寝と団子と王様と

dai13「そのまま怯えて、震えてろよ、神ども。俺がおまえらを皆殺しにして、全部ぶっ壊してやる」―そう言って、“寂しがりの悪魔”はまた、この世界を壊す、宣言をした。もう一匹の悪魔を体内に宿すルシル・エリスに、魔眼保持者の王・エーネを殺された事で、暴走するティーア。そんな状況を制止したのは、“生きているべきでない亡霊”だった―。そして1年間限定でただの人間へと戻ったライナとシオンは、フェリスと共についに始まりの地―ローランドに降り立つ!神なんか知るかと叫び、世界なんて興味ないと怒鳴り続ける、ニンゲンたちのファンタジー・イノヴェーション。